習い事

子供の習い事に剣道を選ぶメリット

kendo kids naraigoto - 子供の習い事に剣道を選ぶメリット

年中さんぐらいから「習い事どうする?」という会話が周りで聞こえてきます。

スイミング、体操、サッカー、ピアノ、リトミック、英会話、めばえ教室、 などなど

子どものための習い事ってたくさんあるから
始めどきや何をやらせるか?という話題で、ママさんたちがざわざわし始めるのがちょうど年中さんくらいからなのではないでしょうか。

そんな、こどもの習い事。

うちは長男が年長の春にひょうんなことから『剣道』を始めることになり、
この夏は小1ということで、剣道の合宿にも参加していろいろと思うことがあったので記事にしておこうかと。

mina ill 2 - 子供の習い事に剣道を選ぶメリット
こどもが頑張る姿は感動ものです!

 

剣道を始めたきっかけ

わたしは自分が水泳をやっていたので、子どもにもスイミングをさせたいなって思っていました。あとは、サッカーも男の子に人気だし活発な子になりそうだし興味あるなと思ったりしつつも、サッカーって保護者の付き添いが大変なんだよなぁというマイナスイメージもあったりで、あまり具体的に考えられていなかったのですが・・・

そんなある日・・・

長男が、年長さんになった春、保育園のお友達のママさんから「剣道」の体験に誘われたので気軽な気持ちで参加してみたんです。

 

kendo kids kawaiicreativenet 05 - 子供の習い事に剣道を選ぶメリットはじめての体験剣道。風船割りをした時の写真。(長男4歳・次男2歳)

 

もともと、戦隊モノにはまってる、THE男子な子だったのと、ちょうど園のお遊戯会でお侍役をやっていたこととリンクして、

剣道がお侍の修行だ ということで興味深々。笑

そのまま、お試しで通いながら本入会することになりました。

剣道を通して学べること

kendokids kawaiicreativenet 06 - 子供の習い事に剣道を選ぶメリット

入会した当初、ずっとその剣道教室(剣友会)で指導員として子どもたちに剣道を教えてくれていた先生がとっても良い指導者で、剣道を通して沢山のことを教えてくれていたのでかなり感動して、剣道っていいな・・と思うようになりました。

剣道といえば、礼儀作法などが付くという印象ですよね。
実際に、礼にはじまって礼に終わりますし、剣道は体幹が鍛えられて背筋もピンとしています。

でも、実際に剣道を習ってみて感じたのは、剣道を通じて学べることは「生きる力」なんだということです。

子育て本などを見ても、最近はこれからの時代、自分で作り出すこと、自分で生き抜くことができる人材に価値があると言われています。「クリエイティブ性(創造できる力)」や「生きる力」をつけていくことの大切さですね。

この、

生きる力も、創造する力も、
剣道を通して身につけることができると感じています。

剣道を通して学べる創造力、生きる力って、どんなものなのか、
剣道の稽古中の出来事と、そこから息子が得られる「学び」に焦点を当ててまとめてみました。

0から1を生み出すクリエイティブな力「創造力」

剣道は、一対一で戦うから団体のスポーツという印象ではなかったのですが、
実際は団体で戦って勝ち進むので、一人っきりのスポーツではありません。
仲間と一緒だから切磋琢磨できる環境があります。

仲間と一緒だからこそ、自分だけでは得られ無い発見や気づきもあります。また、人とぶつかることも大切な経験で、自分はそう思わない!などの感情も大事な自分らしさの元。良いこと悪いことすべてに意味があって自分の糧になります。何もないところから何かは生まれません。新しい何かを創造するための材料は沢山持っているほうがいい。人との関わりの中で得られるものはとても多いです。

また、
剣道のスキルをつけていくのは自分自身の頑張りなくしては無理なので、自立して自分で考えて自分で努力して成長していかないと勝てるようになりません。

自分の心の成長が、そのまま成果へのつながりにもかなり影響します。
自分が適当にやっていても、他のメンバーが助けてくれる みたいな考えを持ちにくいスポーツだと思います。

0から1を作り出す人は、人の意見に流される人ではないです。
自分を信じて自分から率先して行動できる人。自分の経験をすべて生かして応用できる人です。

日々の稽古を続ける(継続力)なかで、自分で気付いて(ひらめき力)、心で腑に落ちて(マインド力)、しっかりと頑張ること(実践力)で、実際に勝てる力がつく(成果を出す)。

コレ、だいぶクリエイティブな力だと思います。
この一連の流れが、0から1を生み出す力の源ではないでしょうか。

こんな風に、小さな頃から心と体を鍛えられる習い事って、なかなか無いと思うのです。

夢を叶える力につながる「生きる力」

世の中、夢を叶えられる人は上位3パーセントの人だけ、という『上位3パーセントの法則』があるそうです。さまざまな場面で上位3パーセントの人だけが成果を出せる人間だという話。

我が子にも、夢を叶えていく力のある人になるために、成功を掴める可能性の高い上位3パーセントに入って欲しいですよね。笑

夢を叶える力の人って、どんな人でしょうか。

  • 継続できる人
  • 素直に実践できる人
  • 守破離ができる人
  • 自分に負け無い心を持っている
  • 自分を信じて突き進める
  • 感謝の心を忘れ無い

将来の夢は?という問いに、子ども達はいろんな夢を答えてくれます。
どんな子どもにも、将来という輝く未来を作っていける可能性があります。

でも、実際にその夢を叶えるのは自分自身。
誰かが叶えてくれるものではないです。

どんな環境でも、どんな家庭でも・・・
結局、夢を叶えるのは自分自身です。

だから、
自分でのし上がっていける力を育む体験や、心に気付きのある体験って大事。

剣道には、そんな体験ができる機会が沢山あります。

ま、剣道に限らず、人生の中でそういう風に自分が生きていけるように、自分が人生を選んで進んでいかなくてはいけないわけで、剣道やってないとそうならないとかじゃないです。

でも・・・・

小さい頃から、そんな「大人な体験」は、なかなかさせてもらえる機会って無いよなぁと思うので、剣道で学べることは多いと感じる今日この頃です。

 

剣道で学べること《幼児・基本稽古編》

kendo kids kawaiicreativenet 02 - 子供の習い事に剣道を選ぶメリット

剣道ではさまざまなことを学べるのですが、実際にどんなことを学べるのか?思いつくことを書いてみますね。

 

幼児の時には、まだ戦うことよりも基礎力をつける練習をします。
そんな基礎力の中にも学べることが沢山あります。

  • 人の話を聞くこと
  • 先生からの指導を素直に実践すること
  • やったこと無いことを周りをみながら実践してみること
  • 小さな動作にも意味づけをして適当にやらないこと

親に対してはどうしても甘えが出てしまいがち。
その点、習い事では「先生」に指導してもらうので、自分勝手な甘えは通用しません。笑

親では、教えてあげたいけどなかなか甘えから教えきれ無いことが剣道では教えてもらうことができ、人としての成長に繋がっていると感じます。

人の話を緊張感を持って聞くということが必要な場面が剣道の稽古中によくあります。
人の話を聞くこと、話を理解すること、そういう機会に触れることで少しずつできるようになっていきます。

先生からの指導を素直に実践することは、守破離の守の部分。
何かのスペシャリストになりたかったら、まずは真似をすること、真似をうまくすることってすごく大事です。

稽古ではマンツーマンではないので、自分で周りをみて、自分から実践していかないといけない場合も多いです。やったことないことを自分でやっていくことは、勇気も必要だし、心も鍛えられます。自分から進んで取り組む姿勢も育まれる環境だと思います。
人生の中で、この『一歩踏み出す勇気』はステップアップの機会に絶対に必要になる力で、自分に来たチャンスを摑み取る力でもあります。

剣道では、小さな動作、所作を大事にします。
そして、それぞれに意味があることを教えてくれます。
その意味が、剣道的意味であり、日常生活にも必要な意味でもあるため、剣道を通して意味を考えて物事をやることを教えられます。適当にやっていては、適当でいいやという癖がつくかもしれません。一つ一つを丁寧にできること、意味を考える癖がつくことは、考える力を育むことにつながっていると思います。考える力は、クリエイティブ力(創造力)にも数学力にもつながり、とても大事な力です。

 

まだまだありますが、こんな風に、
幼児向けの基礎力の稽古だけでも沢山のことが学べていますね。

とはいえ・・・
まだまだ小さいうちは、子どもは自分がやっていることの意味までは分から無いもの。
でもそれで良くて、こどもが楽しく剣道ができていればOK。
子ども自身が少しずつ学んで行くので、親は見守ることが一番大事だそうですよ^^

 

文武両道につながる「本質」を体感できる

剣道をはじめた息子を応援してくれる知人や友人のなかに剣道をやっていた人が数名いて、その人たちみんな高学歴という事実。確かに、剣道の中には勉強を学ぶ姿勢につながることが多いなと感じます。

あとね・・・
これはだいぶ偏見ですが・・・
剣道の試合会場で思ったことがあるんです。

剣道やってる子、

メガネ率高い!
インドアっぽい真面目っぽい子が多い!

いや、ほんと、偏見かも。笑
でも、通っている剣道の先輩たちこどもセンター行った時、めちゃ本読んでたんだよね。

剣道には、文武両道を目指すのにも良い環境なのかもしれません。
普通のスポーツとはちょっと違うというか・・・
体作りももちろんですが、精神面、心の鍛錬という部分に重きを置いているから。

剣道を通して、『学ぶことの本質的な部分』を体感できるので、その本質的な部分をうまく勉強とリンクさせることができると学力アップにもつながるのではないでしょうか。

 

子どもの習い事で親も成長できる「剣道」

kendo kids kawaiicreativenet 01 - 子供の習い事に剣道を選ぶメリット

子どもの習い事で、親まで成長させてもらえるのが剣道です。

たとえば、何もしなくていいスイミングなら、スクールに放り込んであとはおまかせで済むから親は楽チンです。楽チンですが・・・・親が何かを学び得る機会も無いのでは。

剣道は、稽古を通して頑張る我が子の成長を通して、親自体も成長できる機会がたくさんある(なんなら毎回w)と感じています。

習い事って、頑張る我が子をみてるだけで、応援したくなるものですよね。

そこにプラスして、いままで関わりがなかった武士道的な教えを子どもを通じて得ることができるんです。

普段の日常生活で、子ども自身が体験してくる問題やトラブルに親がどうやって関わっていけばいいのか、どうしてあげればいいのか、分から無いことも多いですよね。

何が子育ての正解かなんてわから無いし。

誰の意見が正しいかもわから無い。

何を言ってあげるのがベストなのかわから無い。

そんなとき、剣道と武士道をセットで事例にして、普段の生活や学校生活などでのトラブルや問題解決につながるような話をしてあげることもできます。

親のエゴでアドバイスするのではなく、自分は一段下がって、もっと大きな視点でアドバイスしてあげたいなと、日々おもっているのですが。。。

意外と感情むき出しになりがちに。

そんなときこそ、剣道や武士道的視点で問題解決を考えて子どもに話してみると、日々の剣道の試合や稽古で自分がやっていることとリンクされて腑に落ちやすいみたい。

こども向けの武士道の本、わたしが買ったのはこちらです(^^)

 

 

まとめ

いかがでしたか?

わたしは剣道未経験だし、剣道の世界に足を突っ込んでる感じも無いくらいの関わりですが、それでも沢山のメリットを感じています。

まさか、剣道習わせるようになるとは思っていませんでしたが、本人にやる気があってやっていることなので見守りつつ、剣道を通して学べる沢山の気づきがある日々です。

なんでもそうですけど
やらせられてる ことって、上達しないのかなと。
自分が好きでやっているってことが大事だと思っているので、子ども自身がやりたいという気持ちを大事にしたいなーと思っています。

もひとつ。

剣道って習い事としてはだいぶお安いんですよね。
あ、もちろん、防具とか道具代はかかるけど、月謝は安い!
通っているところは週2回練習で2,000円です。

スイミングって週1で月謝7,000円とか。
くもんも一教科6,000円だっけな。

そんな、習い事としては結構安いのに学びがいっぱいの剣道。
お近くの体育館とかで地元の剣友会が剣道の稽古をしているかもなので探してみてはいかがでしょうか。男の子だけじゃなくて、女の子も結構いますよ!

 

ABOUT ME
mina
mina
デザイナー・フードコーディネーター おうちの時間を楽しくする可愛いクリエイティブ制作を手掛けるママクリエイター。昭和レトロな賃貸マンションで、小1と4歳(年中)の二人の男の子を子育て真っ最中。可愛いものやレトロなものが好き。 くわしいプロフィールはこちら▶︎